Syncronは年月と共に変わりつつあるアフターサービスの世界を見てきました。 顧客への商品の配送から在庫の維持の仕方まで製造とアフターサービスは進化し続けています。 しかし包括的にみれば世界全体は常に変化しており、今日ではこれまで以上に急速な変化が起こっています。

変化しつつある世界の大部分

アフターサービスを影響する新たなテクノロジーの継続。
ドローンから拡大現実、IoT、自動運転車、3Dプリンター、その他まで、アフターサービスはテクノロジーと顧客の期待の両面でこれらの変化に適応しなくてはなりません。

今年の初め、Syncronの共同創立者兼英国マネージングディレクターであるTony Abouzolofはドイツ、ハンブルグで開催された国際サービスロジスティクス協会(ISLA)のサービスとロジスティクスサミット2017でこれらの世界の変化について話しました。 主に世界のOEMに後援されるISLAは常に最高の顧客の満足度と運用効率に尽力してます。

テクノロジーはどのように事業における革新を加速化するか?

アフターサービス関連世界における新たなテクノロジーのテーマが最も重要な課題です。 Tonyの最大の問いは: アフターサービス組織はどのようにテクノロジーを使用して自社事業における革新を加速化するかでした。 以下は最も人気の高い新テクノロジーによるアフターサービスへの影響例です。

現在のテクノロジーの状況では、ドローンが棚からパーツを拾い、セントラルパッケージポイントまで運ぶなどの倉庫での実験がすでに手作業を行う現地サービス要員に影響を及ぼしています。 また技術者は初回の補修率を改善するために、容易に作成される情報への新しいアクセス方法として拡大現実をテストしています。

#ドローンが棚からパーツを拾い、セントラルパッケージポイントまで運ぶ Click To Tweet

しかし直近の未来に関しては、

時代はすでに変化しつつあります。
まだ初期とはいえ、IoTではすでに重要な情報を製造会社に、そして究極的には消費者に提供する「スマートパーツ」が成熟期を迎えています。 この情報はサービス予約の設定、より正確な製品問題の診断、在庫の入荷時と場所などの活動に影響を及ぼし、予測しやすいプランニングを可能にしています。

そして私たちはすでに倉庫や鉱山(制御環境)で使用されている自動運転車が道路に移行する様子を目撃していますが、次世代では自動フォークリフト、クレーン、その他の大型設備が使用されるかもしれません。 同様に、3Dプリンターはすでに製造会社の通常の実験で使用されていますが、産業が進化するにつれ、この傾向はますます人気が高まると考えられています。

あなたの事業は導入するもので決まる

この話の教訓は何でしょうか? 世界は急速に変化を遂げつつあります。新システムで革新を図る、または導入するかどうかは個々のアフターサービス組織にかかっています。 ISLAでのTonyの共同プレゼンターであり、ManitouのパーツオペレーションマネジャーであるSylvain Jaguelinはこう話しています。「新システムの評価はそれを使用する人々により決まります。 実施および実行にどのような変化管理を用意しましたか?」新システムの評価は実施に関連する創造力や革新により決まります。そしてManitou等の会社はすでにそれを実践しています。

新システムの評価はそれを使用する人々により決まります。 Click To Tweet


既存世界でチェンジエージェント
になることは生易しいことではありません。新しいアフターサービス戦略の導入は一夜にして成りません。 まず社内から影響を及ぼし、その後顧客に改善を提供します。 世界は変わりつつあります。そしてこの変遷は社員をてこにして顧客に改善された経験を提供することが全てです。

SHARE THIS POST

関連情報 投稿
カテゴリ, テクノロジー, ハイテク・エレクトロニクス, 製品の稼働時間
テクノロジー, ハイテク・エレクトロニクス
テクノロジー, ハイテク・エレクトロニクス, 商用車・自動車