米国の自動車販売店協会(英語)によれば、2014 年の部品売上は合計 506 gt;億 9,000 万ドルにのぼり、販売店の売上金額全体の 11.4% をサービスと部品が占めています。販売店の収益性アップをサービス部門と部品部門に頼る傾向は、不況のころから高まる一方です。

しかし、新車と中古車の在庫最適化に取り組む販売店は多いものの、アフターマーケット分野におけるサービス部品の在庫管理は軽視されており、部品管理者 1 人にまかされていて、販売店経営陣の支援が行き届いていないケースが珍しくありません。サービス部品の供給を十分に管理できなければ収入が損なわれますし、何よりも顧客サービスが低下します。

販売店は適切なサービス部品の供給力を高めることで、顧客サービスを向上させ、売上と市場シェアを拡大できます。そうすることで、販売店の部品部門がもたらす価値とソリューションをお客様に実感していただけるため、結果的に顧客ロイヤルティの向上とリピート ビジネスの増加につながります。

在庫がもたらす問題として、キャッシュ フローの停滞や、資産利益率の低下、保管コストの発生などがあります。これらは損益に影響を及ぼすため、放置していると以下のような状況に陥り、利益が急速に損なわれます。

  • 在庫の大量な陳腐化
  • 情報不足による不適切な購入意思決定
  • 動きの少ない部品の過剰在庫
  • スペア部品オーダーの作成および送信という、販売店に価値をもたらさない作業による時間の浪費
  • 緊急オーダーへの対応にかかる多額のコスト

アフターマーケット サービス部品の数量把握、評価、最適化は、販売店の業績を支える重要な要素です。WardsAuto によれば、自動車販売店の部品部門にとって主な指標になるのは、総在庫回転率、実質在庫回転率、購入実績、サービス レベル、陳腐化レベルです。

シンクロンのクラウドベースのソリューションである、Dealer Inventory Managementは、最高水準の予測、補充計画、在庫最適化の支援を目的としています。販売店管理システム (DMS) との統合により、上記の指標に関する質の高いデータが得られます。販売店のスタッフがすぐに使い方をおぼえられる、日常業務で利用しやすいインターフェースを持ち、また、高度なユーザー権限ロジックによって、ユーザーごとに異なる役割を割り当てられます。

Dealer Inventory Managementは、サプライ チェーン全OEM が利用しているDealer Inventory Managementを販売店が導入すると、以下のように高度な機能を持ったツールや、計画、最適化のツールを利用できるようになります。全体を見える化し、完成品メーカー (OEM) が持つ大規模なサプライ基盤と連動します。自動予測から外れてしまうような事象は販売店レベルで制御し、OEM の在庫担当者は市場の状況に応じたポリシーと在庫戦略を策定します。多くの部品管理者は過去からの慣習や個人の経験に頼っています。OEM から在庫戦略を提供すれば、部品管理者の位置付けが改善され、販売店全体のビジネス目標に取り組めるようになります。

  • 初期在庫と重要在庫のための在庫ロジック
  • システムが補充と関連付けて生成する統合的な返品ロジック
  • 過剰在庫と陳腐化によるコストを削減しながらサービス レベルを向上させるアルゴリズムと解析
  • オーダー 1 件 1 件よりも、重大な需要の変化を重視した在庫
  • 在庫保管コストの抑制
  • 在庫の陳腐化を把握して積極的に解消する、洗練された再分配機能
  • 強力な買戻しプロセス (一定期間の経過後に OEM が過剰在庫を引き取る合意がある場合)

新車と中古車の在庫最適化に注力しがちですが、サービス部品の在庫を最適化することもきわめて重要です。売上の拡大、在庫とオーダー処理のコスト削減、生産性と効率の向上、顧客満足度の向上、そして高度なサプライ チェーン運営によって、部品部門が販売店にもたらす収益性を高めることができます。

SHARE THIS POST