【新連載】在庫計画のマニュアル処理からのDX③~数値化しておくべき項目(機械メーカー編)~

(シンクロン・ジャパン 落合 克人) 本連載の最終回として、本号では保守部品ビジネスにまつわる各種作業を自動化に近づけるために、必要となる情報の項目についてまとめてまいります。 DX:デジタルトランスフォーメーションとは […]

SHARE THIS POST

【新連載】在庫計画のマニュアル処理からのDX②~ビジネスの数値化(機械メーカー編)~

(シンクロン・ジャパン 落合 克人) 前号でお伝えした通り、ビジネスの数値化は現在の業務の流れや業績の状況を、客観的、かつ合理的に把握する為の基本的作業です。 保守部品ビジネスに特化して見れば、自社の業績把握の為に売上金 […]

SHARE THIS POST

【新連載 予告】 在庫計画のマニュアル処理からのDX①~こんな課題ありませんか?(機械メーカー編)~

(シンクロン・ジャパン 落合 克人) アフターサービスエリアにおける保守部品ビジネスの最適化の取り組みは、収益のさらなる強化、作業効率化、コスト削減において、企業としての業績への影響が大きいと言えます。 また、製造業の皆 […]

SHARE THIS POST

財務三表から読む、保守部品の在庫削減のメリット

アフターマーケットでビジネスを展開している企業の多くは、顧客に対するサービスレベル(即納率)を維持しながら、ある一定レベルに在庫を保つことに課題を持っています。顧客満足度という観点から考えると、「即納率」は非常に重要なK […]

SHARE THIS POST

自動車業界:サービス部品の在庫管理で販売店の収益を伸ばす

米国の自動車販売店協会(英語)によれば、2014 年の部品売上は合計 506 gt;億 9,000 万ドルにのぼり、販売店の売上金額全体の 11.4% をサービスと部品が占めています。販売店の収益性アップをサービス部門と […]

SHARE THIS POST

在庫管理に ERP システムを使うと資本、時間、リソースがかさむ 6 つの理由

多くの企業は ERP システムに巨額の投資をしたことで安心し、在庫の管理と最適化は ERP システムがしてくれると思い込んでいます。しかし実際は、在庫管理に特化したソリューションへの投資をしなければ、企業は今以上に大きな […]

SHARE THIS POST

エキスパート達が見るスペア・パーツビジネスの今後(アンケート結果報告)

私たちSyncronは年間を通し、多くのイベントに参加して業界のエキスパート達に、彼らの現在の取り組みや将来の計画についてヒアリングをし、サーベイなどを行っています。スウェーデンのストックホルムで開催された「Spare […]

SHARE THIS POST