シンクロン プロダクトマーケティングVP:Venkat Eswara

私たちはホリデーシーズンにいますが、通常の状況であれば、製造業(メーカー)やパーツショップはホリデーシーズンの売上を牽引するために、今年最大の値下げに向けて準備を進めていることを意味します。しかし、これは通常の時代とは程遠い状況です。

新型コロナウィルス(COVID-19)パンデミックと経済危機は製造業に壊滅的な影響を与えています。その結果、製造業(メーカー)は、通常であれば快適と感じるところをはるかに超えて、長期間にわたってマージンを伸ばすことを余儀なくされています。そのため、製造業(メーカー)やパーツショップは、マージンをさらに削減することになると、このホリデーシーズンには微妙なラインを歩まなければなりません。

このことを念頭に置いて、製造業(メーカー)やパーツショップがホリデーシーズンをナビゲートし、消費者へのアピールと長期的な財務上の安全性の間で完璧なバランスを取ることができるようにするために、心に留めておくべき3つのことをご紹介します。

  1. 顧客サービスとロイヤルティを重視する

アフターマーケット事業の世界的な営業利益率は、新車販売の営業利益率の約2.5倍です。そして、価値を高める最も簡単な方法の一つは、顧客サービスです。顧客サービスとロイヤルティは2つの理由で重要です。第一に、顧客サービスはボトムラインに直接影響を与え、最終顧客に対する製品の生涯の浸透度を高めます。第二に、強力な顧客体験を提供することで、顧客の紹介率を高めることができます。顧客の満足度を維持し、期待に応えることは、最高の経済状況にあっても不可欠であり、2020年のホリデーシーズンまでにこれを実行することは、売上を浮揚させるための簡単な方法となります。

  1. データインテリジェンスでコマースプラットフォームを支える

在庫と価格を動的に最適化できるようになることは、製造業(メーカー)が販売を促進し、ホリデーシーズンのような競争の激しい時期に可能な限り魅力的な状態を維持するための中心的な役割を果たします。これは難しいことのように思われるかもしれませんが、高度なデータ・インテリジェンスを採用することで、製造業(メーカー)やパーツショップは在庫と価格設定のオペレーションを大幅に可視化することができ、価格競争力を維持しながらマージンを最大化する能力を大幅に最適化することができます。例えば、データを活用したコマースソリューションは、製造業(メーカー)やパーツショップが低価格のアイテムを動的に調整してマージンの可能性を高めたり、市場シェアの低いパーツの収益の可能性を最大化したり、地域の市場状況に合わせた価格設定を行ったりするのに役立ちます。

  1. 販売時点での優れた顧客体験の提供

販売店やパーツショップは、POS(Point-of-Sale)をエンドユーザーに提供して、パーソナライズされたエンゲージメントとインタラクションを促進することができます。POS を使用することで、小売店は顧客体験に集中し、在庫管理(在庫戦略の最適化方法など)を第二の自然なものにすることができます。RIM(小売在庫管理)などのソリューションは、在庫補充を自動化し、在庫コストを削減することでディーラーの参加を促し、ボリュームディスカウントを提供するのに役立ちます。

POS での顧客体験と満足度を向上させるもう 1 つの方法は、エンドユーザーが要求した部品を、希望する配送ウィンドウ内で確実に配送できるようにすることです。これにより、ディーラーと販売店の満足度と信頼度が向上し、動かない部品や老朽化した部品に対する苦情を最小限に抑えることができます。さらに、POSでデータを利用することで、予測、在庫レベル、在庫位置、価格設定、小売プロモーションの改善にも役立ちます。

ホリデーシーズンのマージンがいかに逼迫しているかを考えると、マージンを管理することは単に価格を下げるだけのことではありません。それは、ダイナミックな価格設定、在庫管理、顧客体験などの複数の側面を組み合わせて、より良いオールラウンドな体験を創造することです。そして、これらの要素をすべて組み合わせることができる企業は、ホリデーシーズンだけでなく、2021年に向けても有利な立場にあると言えるでしょう。

SHARE THIS POST