Brexit(イギリスのEU離脱問題)からコロナウイルス病(COVID-19)の影響まで、世界中の製造業者は、ほぼ前例のない程度の不確実性と変化に直面しています。進化する顧客の期待に加えて、これは製造業者がこれまでに直面した中で最も破壊的な時期の一つです。

その結果、製造メーカーはこのような不確実性の時代に効率を高め、収益を拡大するためにはどうすればよいのかを慎重に検討するようになっています。最適化の鍵となる領域の1つは、アフターサービス、特にサービスパーツの管理です。

アフターサービスがどれだけ利益率の高いものであるかを考えると、サービスパーツ管理自体は、製造メーカーの収益の流れの中で最も最適化されていない領域の一つであり、最適化というと見過ごされがちです。しかし、適切に最適化されたサービス部品管理のインフラストラクチャと戦略は、収益を大幅に向上させるだけでなく、競争上の差別化と顧客体験を向上させることができます。

このことを念頭に置いて、サービスパーツの在庫最適化が収益とビジネスの成長を促進できる3つの分野をご紹介します

フォーキャスティング(予測)

今日の製造業では、多くの場合、在庫ニーズは推測や初歩的なデータ分析に委ねられています。製造業は、現在の在庫レベルを追跡するだけでなく、将来のニーズを正確に予測できる必要があります。最新のサービス部品管理ソリューションは、製造業者に必要なリソースを提供することができます。

サービス部品管理ソリューションは、製造業者が必要とする高度な技術的能力を備えているため、可能な限り正確な予測を行うことができ、サービス組織に新たなレベルの効率性とコスト削減をもたらします。

在庫計画

サービスパーツの最適な数量と在庫場所を決定することは、メーカーにとってはしばしば骨の折れる作業である。その結果、ディーラーやプランナーは従来、初回の充填率が低いのを避けるために部品を過剰にストックしてきました。しかし、これは無駄が多く、煩雑な繰越コストにつながる可能性があります。しかし、在庫計画プロセスを最適化することで、メーカーは在庫計画プロセス全体をより明確に把握できるようになるだけでなく、安全在庫や内部輸送コストを削減することができ、最終的にはマージンの改善につながります。

調達計画

サービス部品管理の最適化に関しては、部品が必要な場所や特定の場所にどれだけあるかだけではなく、そもそも部品の製造や入手にどれだけのコストがかかるかということも重要です。

収益を上げ、KPIを達成するためには、1セント1セントが重要であり、調達を効果的に管理しなければ、企業のボトムラインのパフォーマンスに壊滅的な影響を与える可能性があります。幸いなことに、最新のサービスパーツ管理ソリューションは、既存の在庫管理だけでなく、新規の在庫調達の両方をより明確にできるようにすることで、その手助けをすることができます。このようにして、製造メーカーは発生する可能性のある問題を常に把握し、必要に応じて調整することができます。

製造メーカーは、成長のためのあらゆる潜在的な機会を真剣に捉える必要があります。そして、今すぐサービス部品管理の最適化に投資することで、製造メーカーは最も活用されていない資産の一つを最大の強みの一つに簡単に変えることができます。

SHARE THIS POST