AIと機械学習機能利用の拡大、Syncron Priceに新機能を追加し、インテリジェントなアフターマーケットの価格最適化におけるイノベーションをさらに加速させる

(本社プレスリリースの翻訳)

2021年3月10日 – クラウドベースのアフターマーケットサービスソリューションを提供するグローバルリーダー企業であるシンクロンは、アフターマーケットのプライシング機能をさらに自動化し、加速するためのいくつかの新機能を提供するSyncron Price™ Version 20.4の一般提供を本日発表しました。新機能には、使いやすさの向上と、より洗練されたコントロール機能が含まれており、より最適化されたプライシングを、より短時間で、より良い結果で実現することができます。

シンクロンのプロダクト・マネージメント担当副社長のErik Lindholmは、「パンデミック後の世界経済の回復に伴い、メーカーはよりスマートな価格決定を行うために、さらに洗練された技術を提供する必要があります。”価格は、ますます洗練された機械学習、アルゴリズム、およびリアルタイムデータを用いて収益やマージンの変化の原因を自動的に突き止めることができる包括的な分析によって駆動されなければなりません。今日の企業は、当社のテクノロジーを活用して価格戦略を競争上の優位性に変え、変化し続ける高度化した市場で関連性と生存権を維持しています。」と述べています。

Syncron Price™はアフターマーケット向けの価格設定ツールで、リアルタイムの市況、投入コスト、競合他社の視点を活用することで、メーカーの生産性向上、コスト削減を支援し、貴重な時間を非標準的で複雑な状況への対応やモニタリングに集中させることができます。

 

このリリースに含まれるもの

新アイテムの価格設定とセグメンテーションの自動化 – 最新の人工知能と機械学習アルゴリズムを用いて設計されたSyncron Priceは、新アイテムの価格設定とセグメンテーションを自動化する新しいインテリジェント・プライシング機能を提供します。人間のような価格設定プロセスにより、手動入力の必要性がなくなり、精度が向上し、部品入手までの時間を短縮することができます。

最小マージンレベルのモニタリング – Syncron PriceとSyncron Inventoryの新しい統合機能により、マージンレベルの自動モニタリングが可能になり、低マージンまたはマイナスマージンのアイテムに再入荷の保留をかけることができます。この機能強化により、プライシング・アナリストは、最適な価格の最小値を設定し、低パフォーマンスの商品を売却するための新たな可視性を得ることができます。

新しい競合他社の価格データの可視化 – 価格設定チームは、大規模な競合他社のデータを可視化し、現在の価格レベルを比較できるようになりました。プライシングの高度なビューでは、一般的な価格レベルを明確に把握することができ、最適化された競争力のある価格戦略を可能にします。

交渉機能の強化 – 新しいリアルタイムの商品在庫チェック機能により、プライシングアナリストや営業担当者は、割引の交渉をすることで、お客様に特別なオファーやお得な情報を提供することができます。この機能は、見積書作成時に必要な数量のアイテムの在庫を分析することでサポートされます。

Al-Futtaim社のグローバル・アフターセールス部門のプライシング責任者であるJames Henderson氏は、「Al-Futtaim社の主要な目標の一つは顧客満足度を向上させることであり、当社のサービスレベルを向上させるSyncron Priceのようなデジタルプラットフォームへの投資を継続しています。Syncron Priceの新しいアップデートは、サービスの差別化、価格設定と在庫管理の調和を図るための効率化を促進します」と述べています。

 

シンクロンについて

シンクロンは、世界の主要な製造業が製品の稼働時間(アップタイム)を最大化し、優れたアフターサービスを提供できるようにすると同時に、収益性の大幅な改善を支援します。業界をリードする研究開発への投資から、最速のタイム・トゥ・バリューの実現まで、数々の賞に輝いたシンクロンのクラウドベースのサービス部品在庫、価格、稼働時間の最大化(アップタイム)管理ソリューションは、お客様の期待を常に上回るように設計されています。世界各地のトップブランドは、アフターサービス業務を競争上の差別化要因にすべくシンクロンを活用しています。 https://www.syncron.com/ja/

SHARE THIS POST