ローランド ディー.ジー.、シンクロンの価格最適化ソリューションを活用し、

    サービスパーツ(保守部品)の価格競争力を強化

   ~ローランド ディー.ジー.が「Syncron Price(TM)」を採用。ビジネスモデルの変革とサービス事業の成長を推進~

クラウドベースのアフターサービスソリューションにおけるグローバルリーディングカンパニー、シンクロン・インターナショナルAB(本社:スウェーデン ストックホルム、CEO:フリードリヒ(フリッツ)・ノイマイヤー、日本法人:シンクロン・ ジャパン株式会社、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:品川 竜介、以下 シンクロン)は、本日、デジタルプリンティング分野において、世界屈指の実績を誇る、ローランド ディー.ジー.株式会社(本社:静岡県浜松市、取締役社長 田部 耕平、以下ローランド ディー.ジー.)が、同社のサービスパーツ(保守部品)の価格戦略を支える技術基盤として、「Syncron Price(TM)」を採用したことを発表しました。

ローランド ディー.ジー.は、Syncron Price(TM)を導入し、サービスパーツ(保守部品)事業における価格最適化とさらなる競争力強化を図ります。

ローランド ディー.ジー.が事業を展開するサイン・グラフィック市場では、市場の成熟化、製品ライフサイクルの長期化に伴い、アフターマーケットにおけるサービス・サポートの重要性が高まっています。同社は、製品ライフサイクル全体における顧客満足度の向上を図るべく、中期経営計画の重点課題に「コネクテッドサービスの導入による顧客の包括的支援体制の構築」を掲げ、ビジネスモデルの変革によるサービタイゼーションを推進しています。

ローランド ディー.ジー. サービス事業推進部 部長 二村龍吾氏は、次のように述べています。「事業環境が大きく変化する中で、カスタマーエクスペリエンスの向上とともに、サービス・サポート部門の業務の効率化、サービスパーツ(保守部品)の特性に応じた価格戦略の最適化を担保するエクスクルーシブなシステムを求めていました。バリューチェーンにおけるアフターマーケットへの注力という点が、当社がシンクロンをテクノロジーパートナーとして選んだ重要な要因です。」

コネクテッド環境下でのスマートなサービス・サポート体制の実現を志向する同社では、顧客満足度を持続的に向上させるために、サービスパーツ(保守部品)事業における収益性の最適化、連結レベルでの可視化、業務プロセスの効率化・自動化を支援する最先端のソリューションを求めていました。シンクロン・ソリューションの導入決定以前は、同社は、単一の価格計算式や属人的な価格設定に依存していました。

Syncron Price(TM)は、リアルタイム市況、投入コスト、競合他社視点などを活用し、製造業の更なる生産性向上、コスト削減、そして貴重な時間をより複雑な状況への対応や監視へ集中できるように支援する、最先端のアフターマーケットにおける価格最適化ツールです。

シンクロンの最高営業責任者(CSO)、アネリース・シュルツ(Anneliese Schulz)は次のように述べています。「部品価格の最適化は、顧客との関係性を重視しながら持続的な成長を図ろうとする製造業にとって強力な戦略であり、ローランド ディー.ジー.社は、有意義なビジネス改革を推進するための新アプローチを採用した、素晴らしい模範となる企業です。」

また次のようにも述べています。

「シンクロンは、デジタルテクノロジーを活用した同社の価格戦略の遂行を後押しし、サービスパーツ(保守部品)の価格設定を最適化することで、同社の業務効率をさらに向上させる支援をさせていただけることを非常に光栄に思います。」

ローランド ディー.ジー.に採用されたシンクロンのソリューション概要※1

Syncron PriceTM

・サービスパーツ(保守部品)価格を、部品セグメントの特性に応じ、あらゆる価格戦略・設定手法で最適化を実現するソリューション。部品そのものの価値や、市場価格、部品のライフサイクル等を反映し、お客様の目線でロジカルな価格に価格改定を通じてアライン。価格設定・価格改定におけるプロセスの自動化、価格ウォーターフォールでの可視化、価格分析での意思決定の洞察を支援。

製品に関する詳細はこちら

https://www.syncron.com/ja/solutions/price-management/

ローランド ディー.ジー.株式会社について

ローランド ディー.ジー.株式会社は、デジタルプリンティング分野におけるソリューションプロバイダーです。主力製品である業務用のインクジェットプリンターやカッティングマシンは、産業・商業印刷のデジタル化を推進し、広告看板やポスター、ステッカー・ラベルの製作からアパレルやグッズ、スマートフォンケースなどの身の回り品への加飾印刷まで、幅広い用途で活用されています。近年では、ユーザーのプリンティングオペレーションに安心と快適をもたらし、ビジネスの生産性向上をサポートするコネクテッドサービスや、個人のお客様が気軽にオリジナル印刷を楽しむことができるデザインプラットフォームを開発するなど、デジタルトランスフォーメーションによる新たな価値創造にも積極的に取り組んでいます。

シンクロンについて

シンクロンは、世界の主要な製造業が製品の稼働時間(アップタイム)を最大化し、優れたアフターサービス提供を支援すると同時に、収益性の大幅な改善を支援します。業界をリードする研究開発への投資から、最速のタイム・トゥ・バリューの実現まで、数々の賞に輝いたシンクロンのクラウドベースのサービス部品在庫、価格設定、稼働時間の最大化(アップタイム)管理ソリューションは、お客様の期待を常に上回るように設計されています。世界各国の製造業トップブランドは、アフターサービス業務を競争上の差別化要因にすべくシンクロンを活用しています。詳細については、www.syncron.com/ja/をご覧ください

【本件に関するお問い合わせ先】

シンクロン・ジャパン株式会社

マーケティング部 担当:若山

Tel : 03-5207-2855

Email : info.jp@syncron.com

SHARE THIS POST