競争と業界の大きな変化の先を行きましょう。

シンクロン担当者に相談する

自動車アフターマーケットにおける変化と混乱を乗り越えるために

自動車メーカーは多くの面で課題に直面しています。パワートレインの電動化、テレマティクスデータ量の増大、そして消費者の期待の変化は、アフターマーケットのサービス経済を根本的に変えつつあります。さらに従来の部品やサービスのチャネルにも、破壊的な影響が及んでいます。また、個別化やTier1サプライヤーとのサプライチェーン統合の傾向が高まることで、ビジネスの複雑さが加速します。

アフターマーケット・サービス・ビジネスを主要な収益ドライバーとして維持するために、製造メーカー、ディーラー、Tier1サプライヤーは、付加価値サービスや予測サービスを通じて、効率、収益、成長の新しい道を模索しています。シンクロンのソリューションにより、変化する市場環境をナビゲートし、アフターマーケットビジネスを次世代のパフォーマンスとサービスに対応できるように進化させることができます。

「シンクロンソリューションのおかげで、労力を最小限に抑えながら長年にわたって安定した成果を上げてきました。高レベルの可用性(安定供給)を継続的に報告しており、顧客サービスレベルは96%、在庫回転率は4未満です。」

マツダ

部品供給およびロジスティクス、
ジャン-マリー・ヴァン・デルム氏(Jean-Marie Van delm)、

automotive after-sales service

世界の主要な自動車・商用車関連企業がシンクロンのソリューションを信頼し、活用しています

「シンクロンは単なるソフトウェア企業ではありません。サプライチェーンのビジネスコンサルタントとしても活動しており、私たちはソリューションや仕様事例を活用できます。」

--LKQの地域サプライチェーンプランニング部長 Jiri Vorliecek氏
自動車・商用車

「プロセスを合理化し、テクノロジーとデジタル化の利用を広めたいと考えています。在庫を最適化できる職能横断型プロセスの構築が目標です。当社は品質を重視していますので、シンクロンはまさにぴったりだったのです。」

--LKQ Europeのサプライチェーンプランニング部長 Leonardo Tanda氏
自動車・商用車
automotive aftersales service
自動車・商用車

ディーラーを支援

ディーラーはメーカーの顔としての役割を果たすことが多く、総合的なカスタマー・エクスペリエンスの大部分はディーラーから受ける体験に依存しています。ダウンタイムは顧客に不便を強いるだけでなく、貧弱なサービス体験は顧客を競合他社の元へと向かわせかねません。

ディーラーがサービスの効率性と実効性を確保するためには、適切な部品在庫を維持することによって、顧客の期待を単に満たすだけでなく、それを超える優れたサービスを提供しなければなりません。シンクロンのソシューションは、ディーラーが適切な部品在庫を確保できるよう支援する機能に加え、部品返品プログラムもサポートしており、ディーラーが必要以上の在庫維持コストを負担しなくても済むよう保証します。

Syncron Inventory - Retail の詳細はこちら
automotive after-sales
自動車・商用車

シームレスな統合

つながるクルマ(コネクテッドカー)の登場は自動車・商用車業界に変革や混乱を巻き起こしており、メーカーにはこれまで以上に革新的な姿勢が求められています。こうした新技術の発展により、「スマート」な部品とその他のイノベーションをサービスサプライチェーンに統合できる能力の重要性が、かつてないほど高まっています。

シンクロンのソリューションを活用することで、自動車・商用車メーカーは保守部品管理機能を個々の車両や部品、あるいはIoTプラットフォームに直結することにより、サービスライフサイクルについてかつてないレベルの高度な洞察を獲得し、予測、需要、部品補充を極めて正確かつ迅速に管理することができるようになります。このレベルの接続性は予防保守を推進する効果があるため、メーカーは最終的に、顧客が期待するサービス体験を提供できるようになります。

自動車・商用車メーカーはシンクロンの高度なアルゴリズムと分析機能を活用して、保守部品を最適な場所に適切に在庫するよう、需要をよりよく予測できるようになります。これによりメーカーは、交換部品をいつどこ向けに発注・在庫する必要があるかを知ることが可能になります。 さらに、部品が適切に在庫されることで、機器の最大稼働時間が保証されます。

Syncron Uptimeの詳細はこちら
dealer inventory management
自動車・商用車

先を見通した保守部品在庫計画

自動車・商用車メーカーが扱う保守部品の種類と点数は多く、予想外の故障は頻繁に起こり得ます。また、少なくとも年に1度は新製品が投入され、そのたびに保守部品の数も増えていきます。これほど大量の新しい情報が飛び交う状況では、先を見越した計画を立てられるかどうかが成否を分ける鍵となります。部品の在庫切れは貧弱な顧客サービス体験につながり、ひいてはブランドからの顧客離れを招きかねません。

自動車・商用車メーカーはシンクロンの高度なアルゴリズムと分析機能を活用して需要予測を向上させ、グローバルネットワーク全体で適正な部品在庫を確保することにより、保守部品の在庫レベルを最適化し、過剰在庫を回避することが可能になります。その結果、メーカーはカスタマー・エクスペリエンスの向上と売上・利益の改善を同時に実現できるようになります。

Syncron Inventory の詳細はこちら
price management
自動車・商用車

価格設定の再構築

保守部品の種類と点数が膨大である自動車・商用車業界では、保守部品の価格設定を最適化することが多大な売上および利益につながる可能性があります。

しかし多くの企業では、保守部品の価格設定をまだ手作業やスプレッドシートに頼っているのが現状です。自動車・商用車メーカーは、シンクロンのソリューションを活用することで、バリューベースのアプローチを適用し、変化する市場状況をよりよく分析・対応することができるようになります。最終的には、保守部品の価格設定を自動化・最適化することで、売上と利益を増大することが可能になります。

Syncron Price の詳細はこちら

シンクロンへの

お問い合わせ

アフターサービス関連の課題解決のご相談や、シンクロンのソリューションに関するご質問などは、右のフォームから、あるいは、以下メールアドレスから、お気軽にお問い合わせください。
各種お問い合わせ用email: info.jp@syncron.com

既存のお客様向けサポート関連の情報は サポートページをご参照いただくか、以下のサポート用メールアドレスからお問い合わせください。
サポート用email: support@syncron.com